» 外国人労働者の労働条件と雇用管理の確保などについて検討を開始

外国人労働者の労働条件と雇用管理の確保などについて検討を開始

トップページ > お知らせ > 外国人労働者の労働条件と雇用管理の確保などについて検討を開始

外国人労働者の労働条件と雇用管理の確保などについて検討を開始

厚生労働省は、平成30年11月9日開催の「第82回労働政策審議会職業安定分科会雇用対策基本問題部会」の資料を公表しました。議題は、「外国人労働者の現状」と「外国人材が活躍できる環境の整備」についてです。

これまでにも、「外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議」などにおいて、「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(検討の方向性)」が示されていますが、厚生労働省では、医療・保健・福祉サービスの提供や労働環境の改善、社会保険の加入促進等に取り組んでいくことが確認されました。

ここにきて外国人労働者問題の議論が活発になり、毎日のように新しい動きが報道されており、今後の政府の動きには注視が必要です。

厚生労働省HP

トップへ戻る