» 桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ

桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ

トップページ > お知らせ > 桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ

桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ

 
 気象庁ホームページより「桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ」の発表がありました。
 昨日(24日)20時50分に桜島の噴火警戒レベルを5(避難)に引き上げました。南岳山頂火口及び昭和火口から概ね3kmの範囲では警戒が必要です

 桜島では、本日(24日)20時05分に爆発が発生し、弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から約2.5kmまで達しました。
 桜島の火山活動は非常に活発化しています。
 南岳山頂火口及び昭和火口から概ね3km以内の居住地域(鹿児島市有村町及び古里町の一部)では、大きな噴石に厳重な警戒(避難等の対応)をしてください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

 桜島周辺にお住いの方々は早めの情報確認を行い、十分に注意してください。

桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ

トップへ戻る