» 外国人技能実習生の実習実施者に対する令和3年の監督指導、送検等の状況

外国人技能実習生の実習実施者に対する令和3年の監督指導、送検等の状況

トップページ > お知らせ > 外国人技能実習生の実習実施者に対する令和3年の監督指導、送検等の状況

外国人技能実習生の実習実施者に対する令和3年の監督指導、送検等の状況

 令和3年の監督指導・送検の概要

  • 労働基準関係法令違反が認められた実習実施者は、監督指導を実施した9,036事業場(実習実施者)のうち6,556事業場(72.6%)。
  • 主な違反事項は、(1)使用する機械等の安全基準(24.4%)、(2)割増賃金の支払(16.0%)、(3)労働時間(14.9%)の順に多かった。
  • 重大・悪質な労働基準関係法令違反により送検したのは25件。

 実際にどのような違反で指導が入ったか確認することで、発生防止、予防につながると思いますので、事業所の方々はぜひ一度ご確認ください。

外国人技能実習生の実習実施者に対する令和3年の監督指導、送検等の状況を公表します

トップへ戻る