» 所信表明演説で外国人材受入れ拡大の必要性

所信表明演説で外国人材受入れ拡大の必要性

トップページ > お知らせ > 所信表明演説で外国人材受入れ拡大の必要性

所信表明演説で外国人材受入れ拡大の必要性

第197回臨時国会が、平成30年10月24日、召集されました。
その日に行われた安倍内閣総理大臣の所信表明演説では、全世代型社会保障改革や外国人材などが盛り込まれました。

外国人材に関しては、大きな転換点を迎えています。

入国管理庁の新設や新在留資格など、私達の生活にも密接に関わります。今後の同行に注目です。

トップへ戻る