» 交通労働災害の現状と防止対策

交通労働災害の現状と防止対策

トップページ > お知らせ > 交通労働災害の現状と防止対策

交通労働災害の現状と防止対策

 厚生労働省より「交通労働災害の現状と防止対策」がアップされています。

 

 労働災害は長期的に減少傾向にあり、平成29年の労働災害による死亡者数は978人となっています。事故の型別では、交通事故(道路)により亡くなられたのは202人であり、「墜落・転落」に次いで2番目に多い結果となっています。また、交通事故(道路)は、陸上貨物運送事業等以外でも多く発生しており、職業ドライバー以外でも多く発生しています。このようなことから、業種を問わず取組が求められております。

 

 このページでは労働災害の現状や防止のための管理体制などの情報があります。
 移動を含めた交通労働災害を少しでも減らしていくために、対策を考慮していくことは重要なことだと思います。

 

*詳しくは以下のリンクにてご確認ください。

 

交通労働災害の現状と防止対策

トップへ戻る