» 令和4年3月3日 岸田内閣総理大臣記者会見

令和4年3月3日 岸田内閣総理大臣記者会見

トップページ > お知らせ > 令和4年3月3日 岸田内閣総理大臣記者会見

令和4年3月3日 岸田内閣総理大臣記者会見

(水際対策の関する岸田内閣総理大臣の発言)
 水際対策については、3月1日から骨格を緩和し、観光目的以外の外国人の受入れを再開しました。2月25日から外国人の受入れ申請の受付を開始し、既に16万人を超える入国申請を受け付けています。年度末は、進学や転勤などにより、日本人の帰国需要が高まります。この点を勘案し、3月14日より、入国者総数の上限を5,000人から7,000人に引き上げます。今後、内外の感染状況を見ながら、段階的に国際的な人の往来を増やしていきます。多くの留学生が、4月の新学期を迎え、希望どおり入国できるかどうか、不安に感じておられます。新型コロナにより、この2年間、15万人の留学生が来日を心待ちにしている状況です。我が国の宝とも言える留学生が、国民の安心を保ちつつ円滑に入国できるよう、「留学生円滑入国スキーム」を設け、ビジネス客が比較的少ない平日を中心に、空席を活用して、優先的に入国できるよう支援をいたします。

 

*詳細は下記のリンクまで

令和4年3月3日岸田内閣総理大臣記者会見内容

トップへ戻る